HelioBlog

質の高い情報を読みやすく、をモットーに

Forestry 2017 - The Simulationの紹介・レビュー

f:id:HelioBlog:20180720055036j:plain

タイトル画面

木こり、林業を体験できるシミュレーションゲーム、PS4版 Forestry 2017 - The Simulation の紹介・レビュー記事です。攻略情報も少し。

最近、PS4でForestry 2017というゲームを購入しました。

突然重機の操作をするゲームをしたくなったのですが(我ながら意味不明)、PS4には重機シミュレータが無かったので、他に何かないかと探して居たところ、表紙絵に重機がドーン!と出ていたこのゲームに一目惚れし購入。すぐに遊びたかったのでPS Storeから3200円程でダウンロード購入しましたが、Steam版だと20$(2000円)程で売っているよう。やはりマイナーゲーはPCでやるべきかなあ・・・

 

 

 

 

ゲームの概要

 

木を切ってお金にする、やること(出来ること)は本当にこれだけです。労働ゲーです。時代は現代ですが最初は馬しか使えず、文明の利器の素晴らしさを体感することが出来ます(苦笑)

 

ゲームの進め方

f:id:HelioBlog:20180720061228j:plain

NewGame開始直後。何をするかはあなた次第(説明不足なだけ)

New Gameを選びゲームを始めると、何の説明もなくForestry 2017の世界に放り出されます。

 

開始時点で主人公は毎日CR100の支払い(恐らく生活費)があるので(CRはゲーム内のお金です)、1日に少なくともそれ以上は稼ぐ必要があります。そして主人公がお金を稼ぐ手段は「木を売る・木を加工して売る」ことです。

  

最初は加工施設も従業員もそれを買うお金もないので、木をそのまま(丸太の状態で)売ることしかできません。木はDepotに持ち込むことで売ることが出来ます。

f:id:HelioBlog:20180720055114j:plain

木を運ぶために、まずは木を切り倒す必要があります。

赤のリングが緑になるまで木に近づき、△でチェーンソーを取り出し、R1でチェーンソーの向きを変え、木が切れるまでR2を押し、木を切ります。そうです、非常に面倒なゲームです(笑)シミュレータシリーズを買うのは、それを目的とするMな方しかいないとは思いますが・・・

Youtubeで林業の動画を見ていると、現実の伐採では、切り倒したい方向に<の形の切り込みを入れた後に反対側から切るようで、ゲーム中の緑のリングもそのような形になっていますが、そこまではしなくていいみたいです。慣れれば木に近づきつつチェーンソーを取り出し横向きにし、リングが緑になった瞬間に切り始めるという無駄のない無駄すぎるスキルを身につけられます。 

f:id:HelioBlog:20180720055332j:plain

 さて木を切り倒しましたが、開始時点では、木を運ぶ方法が「馬」しかありません。

主人公は木を運ぶことは出来ませんし、車も使えません。

馬の操作方法は、まず馬のそばで□ボタンを押し、馬を連れている状態にします。馬は乗り物扱いなので、馬を連れている状態ではR2で進み、L2でバックします。

 

このように後ろにひっつけて、Depotまで木を運びます。

木が緑色に光ったら×を押すことで、木を売却することが出来ます。 

f:id:HelioBlog:20180720055408j:plain

 ・・・お気付きの方もいるかもしれませんが、木は一度に一本しか牽引出来ないので、木の本数分、往復しなければなりません。馬の移動速度はとても遅く、また運ぶのは単純作業なのでここが一番辛い部分でした・・・Real estate agentの前に止まっている白いセダンをパクりお借りしたいと思ったのは自分だけではないでしょう(笑) 

f:id:HelioBlog:20180720055106j:plain
 ちなみに、馬で木を牽引している状態で「暇だなあ」と思って視点を変更すると、3Dゲー特有のバグが発生(馬と木が荒ぶります)して、自分は遠くに転送され、馬と牽引していた木(そしてそれまでに掛けた時間と手間)はどこかに消えるので、注意しましょう。

主人公は木を運べないので詰みかと思いきや、馬はマップ上に数頭配置されているので、大丈夫です(そこまで歩いて行き、馬を連れて行くのが少し手間ですが)。また、ガレージを購入すればいくらでも馬は召喚出来ます。

 

逆に、マップの馬を全て消失させ、その時点でガレージも買っておらず貯金もないと詰む(木が運べなくなる→お金が稼げない)ので、リセットするしかないと思われます。レベルは木を切り倒すだけでも上がります。環境破壊は気持ち良いZ(ry

f:id:HelioBlog:20180720061356j:plain

無計画に不動産を買うとこのように毎日大赤字です。

1日の終わりにはその日の収支が表示されます。

現実の1秒がゲーム内の1分であり、初期状態では10:00〜22:00の12時間働くことが出来ます。最初の方はお金がないので、12時間全部働く以外の選択肢はありません。 

f:id:HelioBlog:20180720055521j:plain

 あと主要な場所へはFast travelが出来ます(ワープ)。しかし乗り物はついてこないので、乗り物も必要な場合は足で行きましょう。

このように地道に木を切り運び・・・を繰り返して行くと、お金が貯まり、レベルも上がります。

稼いだお金を使って、設備投資をすることが出来ます。「Real estate agent」で自分のオフィスやガレージを買うことが出来ますが、一定のレベルに達していないとお金があっても購入することは出来ません。

 

各施設の詳細については後述するとして、効率的にプレイするならGarageをレンタル出来るまでは何も買わないことをおすすめします。Garageをレンタルしても車を買うには別でまとまったお金がいりますし、車があると運搬の効率がかなり上がる、つまりお金がより早く稼げるようになりこの先ゲームを進めるのが楽になるのでオススメです。 

f:id:HelioBlog:20180720061611j:plain

トラクターは普通はアームなどと併せて使うものだと思いますが、単体でも木を引っ張ることが出来ます。馬よりも最高速が早いしパワーもあるので、CR16000貯まり次第すぐに買いましょう。北のオークを切って売れば、すぐに元は取れます。

 

ここから先は、さらに大型の機械を購入しより効率よく木を切り出し、従業員も雇って伐採、森林再生を行い再生のサイクルを見ながら伐採し製品に加工し売値が高い時に売る、という流れになると思われますが、自分はそこまではしていません(トラクターを買ったあたりで飽きてしまいました)。

 

ここからは施設やレンタルできる不動産、スキルの紹介をしていきます(ここまで書いたけど需要あるのだろうか)。 

施設紹介

Motel:最初から使用可能、無料(CR100に賃料が含まれている?)

f:id:HelioBlog:20180720055557j:plain

 19:00以降にMotelに入ることで、翌日の朝まで時間を進めることが出来ます。このゲームには体力のパラメーターは無いので休むメリットは無さそうですが、あえて挙げるなら、夜は暗くライトをつけていても作業がし辛いので、朝にすることで日が昇り明るくなるのがメリットでしょうか。しかし序盤の馬を牽いている頃は暗いなんて言ってられません。

 

不動産紹介

f:id:HelioBlog:20180720055614j:plain

 不動産はReal estate agentでレンタルすることが出来ますが、不要になっても手放すことが出来ません。ほぼ全て維持費がかかるので、よく考えてから購入しましょう(無計画に買うと、長期的に詰みます)。レンタルするには、Real estate agentの建物内(どこでもOK)で□ボタンを押します。誰かに話しかけて契約かと思いますが、店員がそもそもいません(それどころか、ゲーム中には主人公以外の人間がいません)。

Office 事務所

初期費用CR4500 維持費CR250/日

必要レベル:3 

f:id:HelioBlog:20180720055643j:plain

 

従業員の雇用、解雇、仕事の割り当てが出来ます。従業員には「伐採」か「森林再生」のどちらかの仕事を割り当てられるようです。また事務所前のポストから「注文」を受けることができるようになりますが、かなりの大量発注なので、事前に貯蔵しておかないと厳しいと思われます。自分の時は馬しかない&在庫ゼロの状態でオーク88トンの発注を受けてしまい、当然失敗しました(失敗してもデメリットはないみたいです)。

 

Warehouse 倉庫

初期費用CR5600 維持費CR1000/日

必要レベル:4

f:id:HelioBlog:20180720055715j:plain

Warehouseを購入した後は、Real estate前のDepotに木を持ち込んでもすぐには売られず貯蔵されるようになります。敷地内で□ボタンを押すことで、売ることが出来ます。

「注文」に備える他、木は日々価格が変動するので高くなるまで売るのを待ったり(チャートなどの価格を予想する術はありません)、木を工場で加工する際も一旦ここに入れる必要があります。逆に、ここに入れないと家具を生産出来ないのですが、1地点しかないので、オークなど遠い場所に生えている木が材料のものを生産するのはかなり大変です。オーク林の近くにもDepotはありますが、ここに入れると売却されてしまいます。

Garage 車庫

初期費用CR2500 維持費CR125/日

必要レベル:6

f:id:HelioBlog:20180720055742j:plain

ガレージ内のバレルがアイテムの如く光っていますが、特に何もありません。

乗り物(馬含む)の購入、管理が出来ます。ここから買える乗り物は確実に役に立つので、レンタル可能になったら真っ先に入手しましょう。

トラクターはアーム付き荷台やアームを牽引することができますが、単体でも木を牽引することが出来ます。当然馬よりも大量の木を一度に、早く運ぶことが出来ます。乗用車は木を引っ張れませんが、最高速がかなり早いです(ピックアップ型で80km/hくらい)。またこのゲームの車はグリップ力がとんでもなく強く、最高速でハンドルを全部切っても転倒もスリップもしないので、F1カーもうらやむ運転を楽しむことが出来ます。 

Home office 事務所

初期費用CR1000 維持費なし

必要レベル:8

f:id:HelioBlog:20180720055814j:plain

 レベル3からレンタルできるOfficeが別の場所でも使えるようになります。

ですが、OfficeにFast travel出来るので、必要ないと思います。維持費はかかりませんが・・・

Production 生産工場

初期費用CR10000 維持費CR4500/日

必要レベル:10

f:id:HelioBlog:20180720055916j:plain

レンタルすることで、薪や紙、椅子といった木製の製品を生産できるようになります。生産するには、作りたい物に応じた材料とOfficeで仕事を指定していない従業員が必要です。

・・・ただ、初期費用10000はまだしもCR4500/日で維持費が非常に高く、相当上手くやらないとマイナスになると思います。あと紙はやたら売値が高いですが、材料の入手方法がわかりません。木の破片が材料みたいですが、家具を生産すると出てくるんでしょうか?

 

スキル 

f:id:HelioBlog:20180720055937j:plain

またForestry2017にはスキルがあり、スキルポイントはレベルが1上がるごとに1ポイント貰えます。木を切るスピードを上げたり1日の開始時刻を早めることが出来ますが、オススメは最初から確実に役に立つ、売却価格を上げることができるSalespersonです。Workaholocは上げても数秒しか変わらないですし、維持費はそもそも不動産を借りなければかからないので。

 

まとめ

林業の雰囲気をそれなりに体験することが出来るゲームです(実際の林業はやったことありませんが)。自分の目的である重機の操作は一応出来ましたが、そこに到るまでが大変でした。割とバグや作り込まれていない点も多く、ゲーム中の説明も不親切ですが、ゲームとして一応遊べるレベルではあります。値段は内容に対して高いですが、他にこんな種類のゲームもありませんし・・・(笑)